FC2ブログ
本坊酒造信州工場へ行ってきました
 3月24日、伊那谷の宮田村にある本坊酒造信州工場へ行ってきました。
ここはヤマソービニオンでここ数年話題になっていますね。本坊酒造は
明治5年に鹿児島で焼酎の製造を主に創業しました。その後、昭和35年に山梨でワイン作りを始めています。信州工場は昭和60年にできたようです。焼酎に始まり、ウイスキー、梅酒、ワイン、ビール(南信州ビールに出資)を製造するお酒の総合メーカーですね。
さて、ここを訪れるのはこれで4回目、今回は翌日から宮田村のオリジナル丼が販売されるという情報を聞き、もしかして前日でも食べられるかもしれないという淡い期待を抱いての木曽からのドライブです。この丼は本坊酒造のワイン「紫輝(しき)」と肉を使うことが条件。村内11の店舗で提供されているようです。ワイナリーの売店で情報を仕入れようとしたのですが、あまり掴んでいないようでした。この日は丼は諦め、次回にすることにしました。次来るときには盛り上がっているといいのですが・・・・
ワイナリー内は広々とし散策スペースもあります。売店は酒類以外にも地元の特産品も多く置かれ、土産物を探すのにいいです。駒ケ岳ロープウェイも近く、観光がてら訪れるのにお薦めです。
本坊酒造信州工場外観紫輝
本坊酒造売店

スポンサーサイト



[2007/04/09 23:53 ] | 本坊酒造 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<旨いシードルを探せ!! | ホーム | 品揃え豊富なアイシティ21>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |