スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
「チーズとワインのマリアージュ」 
チーズとワインのマリアージュ       
       日本ソムリエ協会 上信越支部 第4回例会
                                                                       2009年10月4日

ソムリエ協会上信越支部の第4回例会が飯田市のホテル ニューシルクで行われ参加してきました。
今回のテーマは「チーズとワインのマリアージュの基本」
講師に日本チーズ界のオーソリティー本間るみ子氏を迎え行われました。
本間氏はチーズプロフェッショナル協会の副会長を務められ、フランスチーズ鑑評騎士の会よりグランオフィシエはじめ多くの称号を受賞されるなど国内外で活躍されている方です。
 
チーズは6種類、白カビ=プリ・ド・モー
          ウォッシュ=エポワス
          シェーブル=クロタン・ド・シャビニョル
          ブルー=ロックロール
          ハード(牛)=コンテ
          ハード(羊)=オッソー・イラティ
これらのチーズに6種類のワインを合わせ、勉強してきました。
チーズもワインも全てフランス産でした。

基本的にチーズとワインの生産地が同一地域であると相性はいいようですが、そうでなくても相性のいいものはあり、それを探すのも楽しみの一つのようです。

チーズはコンテやパルミジャーノのようなハードタイプのものを除き日持ちはしにくく、出来るだけ早い時期に食べた方がいいものが多い。ヒルトップのおつまみメニュー導入はなかなか難しそうです。

AOC,AOPによって厳しく管理されたフランス産のチーズは美味しいだけでなく個性的でり、しかも安全性も高く、ファンになってしまいそうですが、講師の本間さん曰く、「信州のチーズもすごく美味しい」そうで、こちらもいろいろ試してみたくなりました。

ソムリエ協会のイベントはいつも興味深く、いつも満足です。
次はどんなテーマか楽しみです。
チーズとワインの会-1  チーズとワインの会-2 チーズとワインの会-3 チーズとワインの会-4



スポンサーサイト
[2009/10/05 23:57 ] | イベント | コメント(1) | トラックバック(0)
<<カブトムシにも夏の日照不足にも負けぬ丈夫な・・・   山辺ワイナリー | ホーム | 夏のワイン 勢揃い!!>>
コメント
お久しぶりです。今年の夏は、何だか安定しないお天気でしたから、お客様の入り具合はいかがかと思っていましたが、お忙しいようで何よりでした。
相変わらず、勉強熱心ですね。今回はチーズとの相性との事ですが、本間るみ子さんは超有名ですよね。信州のチーズも確かに驚くほどの進化をとげています。ご存知かと思いますが、近くでは奈川の清水牧場さんが良いですよ。以前の松本でのワイン会でも使わせていただきました。参考までにURLはこちら。
http://www.avis.ne.jp/~svarasa/index.html
私の方は、9月、10月と、名古屋イベント続きで、昨日は塩尻市主催のワインフェスタIN NAGOYAが終了したばかりです。小売店さん、飲食店さん、ホテルさんなど80名ほどご来場いただきました。
これから、各地でワイン祭が多くなりますが、23日24日は塩尻市でのワイナリーフェスタです。きっとまたたくさんのお客様で賑わう事と思います。信州や日本のワインファンが増えるのはうれしい限りです。
[2009/10/14 23:29]| URL | こいど #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。