スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
松本一本ねぎのスープ
スープにワインは合わないですが、信州のワインにこだわるヒルトップでは、料理も信州の食材を多く使いたいと考えています。
そこで今の時期の信州を代表する伝統野菜「松本一本ねぎ」でスープを作りました。
甘みも風味も豊かなこのネギを使い、西洋ネギで作るリークスープの要領で作ってみました。年末年始には夕食でお出しいたします。 旨いです!!


                 松本一本葱のスープ

スポンサーサイト
[2008/12/23 18:48 ] | 料理 | コメント(0) | トラックバック(0)
豊富な品揃えの「木曽くらしの工芸館」
「木曽暮らしの工芸館」 ヒルトップから30分ちょい。塩尻市平沢の国道19号沿いにあります。
大きな施設で車で走っていると直に分かります。木曽の伝統工芸品「漆器」をはじめ地場産業品が置かれています。お土産屋という雰囲気ではなくちょと美術館といった感じさえさせる良い空間です。
さて、肝心のワイン売り場ですが、やはりこちらも綺麗にディスプレイされ楽しめます。品揃えもかなりのもんで木曽で一番ではないでしょうか。五一、井筒、アルプス、信濃、JAのワインや楢川特産の「さるなしワイン」が置かれてます。そして注目は木曽ならではの酒器たち。漆塗りのワイングラス、さわらのワインクーラーなど。ヒルトップでもワイングラスの入れ替えを考えていますが、リーデルにするか漆塗りにするか、迷わせられる良いグラスです。じっくり考えるとします。
木曽暮らしの工芸館   木曽暮らしの工芸館2漆器塗りのワイングラス


[2008/12/20 13:41 ] | wine shop | コメント(0) | トラックバック(0)
安曇野ワイナリーへ行ってきました
素晴らしいワイナリーが誕生しました!!!
昨年5月に民事再生をし、樫山工業によって再生した安曇野ワイナリーは今年の7月に全く新しいワイナリーとしてオープンしました。
この日は12月とは思えない穏やかの天気で、平日でありながら沢山のお客さんで賑わっていました。
ワイナリーは松本ICから20分、広域農道からりんご畑間を10分ほど走ると現れます。この道は北アルプスの山々の景色も素晴らしいです。
山間にあるこのワイナリーは、中央部に50cm程のメルロとシャルドネの苗木が植えてある畑がありその周辺に工場、ショップ、カフェ、ヨーグルト工場の新しく綺麗な施設が点在しています。
この秋には第1号のワイン、ナイヤガラが誕生しています。
今後もコンコード、ロゼ、氷結タイプのナイヤガラなどが次々登場するようです。
醸造タンクはビール用のものを用い、香り全てを閉じ込めるという珍しい手法で醸造するなどの取り組みも見逃せません。支配人の小林さん、醸造担当の戸川さんの元、信州を代表するワインができるまでそう遠くはないでしょう。
今後が楽しみです。

安曇野ワイナリー 安曇野ワイナリー葡萄畑
試飲コーナー 醸造タンク

[2008/12/07 10:52 ] | 安曇野ワイナリー | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。