スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ソラリス 信州シャルドネ樽仕込2006(マンズワイン)を飲む
 念願叶ってマンズワインの「ソラリス 信州シャルドネ樽仕込み 2006」が手に入りました。
あまりの人気に市場ではほぼ完璧に無くなり、入手不可能となっていますが、執念で探しだしました。
ソラリスシリーズは高い品質で元々人気があるのですが、モーニングの「神の雫」でこのワインが紹介されてから、爆発的売れ行きとなり、あっという間に無くなったようです。

 グラスに注ぐと緑がかった淡い黄色で、木の樽で発酵された特徴が出ている。香りは爽やかでシャルドネというよりも私の好きなロワールのソービニヨンブランのようなやや優しいものであった。樽の香りは程よく強すぎず、多くの人に好まれる辛口白ワインだろう。 私の日頃お客様とのやり取りで感じるのは、樽香があまり強くなると好き嫌いが出る。そこまで行かないところに人気の秘訣があるのかも。
秋の長雨から守る為にレインカットという独自の方法で用い、葡萄の質が悪い年は作らないという徹底した管理・製造の賜物なんですね。
 あるHPによると、外務省もこのワインを買占めをしたとか。海外からのお客様とのレセプションで使うのでしょうか? それとも深夜帰宅の居酒屋タクシーへの持込用か!!!???!

ソラリス 信州シャルドネ樽仕込2006  グラスに注いだシャルドネ

スポンサーサイト
[2008/06/26 01:20 ] | マンズワイン | コメント(0) | トラックバック(0)
シュウデとシャルドネ(山辺ワイナリー)
 6月も下旬に差し掛かり、山菜の季節もあと僅かでしょうか?
今年はスタートが遅かった分、7月になってもまだ取れるかも知れませんね。
昨日もせっせと裏山をうろつき、お客様にお出しする山菜を採りました。
するとヒルトップのすぐ裏でシュウデを発見!!
年々見かけることが少なくなたシュウデ。
アスパラの原種で山菜の王様とか山のアスパラなどと呼ばれます。
シュウデという呼び方は木曽だけのものかも知れません。
全国的にはシオデというような気がします。
見た目は細いアスパラに髭をはやした感じで、味もアスパラに近いです。
やはり収穫量は淋しいものになりましたが、ワインと共に私も頂くことにしました。
山菜と言うと私の中ではシャルドネ!!
ヒルトップでグラスワインでもお出ししている山辺ワイナリーの「CHARDONNAY Barrel
Fermenntation 2006]と楽しみました。
キリリと締まった切れ味ある辛味とフレンチオーク樽の穏やかな香りとシュウデのコクと甘みのバランスが絶妙。ここに住んでて良かったと改めて思う瞬間です。

シュウデ   山辺ワイナリー シャルドネ2006

[2008/06/22 02:57 ] | 料理 | コメント(0) | トラックバック(0)
シリーズ 「魅惑の1升瓶ワイン?」 <マンズワイン軍旗林>
 長野県内で1升瓶のワインと言えば塩尻・桔梗が原周辺のワイナリーのイメージですが、マンズワインで見つけました。見つけたのはマンズワイン・小諸ワイナリーの売店。その名は「軍旗林」
マンズワインのHPにも載ってなく、あまり積極的には売ってないのでしょうか?
桔梗が原勢とは違う雰囲気を漂わすラベル。「軍旗林」って何?イメージは湧きますが・・・
葡萄はマンズワインが得意な竜眼。白ワインです。売店では甘口と表示されていましたが、控えめな甘さで料理にも合わせやすいですね。和食でもOKです。竜眼の1升瓶ワインはもしかしたら他にはないかも知れませんね。小諸まで買いに行かないと飲めないのかも。残念!!

マンズ軍旗林1 マンズ軍旗林2
[2008/06/20 01:21 ] | マンズワイン | コメント(0) | トラックバック(0)
アッタッー!! 千曲川産メルロー(マンズ)
 既に市場から消えたと諦めていたマンズSOLARISの「信州 千曲川産メルロー」
長野県内に展開するスーパー「ツルヤ」にありました!!
1本だけですが、ヒルトップでも人気のワインだけにラッキーでした。

千曲川産メルロー
[2008/06/18 11:03 ] | マンズワイン | コメント(0) | トラックバック(0)
6月の葡萄畑
 夕方の五一わいんへ行ってきました。
シャルドネは勢いよく伸び、清々しい黄緑の葉が傾きかけた陽に照らされ、美しく輝いていました。

 成長しているのはハッキリと分かるのですが、一体今はどのような状況なのでしょう???
摘心とか芽かきといった作業名は聞いたことがあるのですが、ピンときません。
毎月、葡萄畑を見ているとこういった作業にも関心をもちますね。
また機会があったら調べてみましょう。

6月のシャルドネ 成長するシャルドネ
[2008/06/16 23:20 ] | 五一ワイン | コメント(1) | トラックバック(0)
シリーズ 「魅惑の1升瓶ワイン」 <アルプスワイン葡萄棚>
 学生時代、深夜11時の酒屋の閉店時間前になると、一緒に酒を飲んでいた先輩に「閉まる前に口当たりが良くてド?ンとくるやつ買って来いよ」とよく言われたものです。
下宿から歩いて3分の閉店間際の酒屋に入って私は先輩に言われた通りに「口当たりが良くてド?ンとくるやつ下さい」と言う。すると店主はよく、1升瓶の赤ワインを出してきました。
それが私と1升瓶ワインとの出会いですが、どこのワインだったか覚えていません。メンバー構成によっては2本買ったりし、腹を壊すまで飲んだ記憶が蘇ってきます。
16年前に信州来てからも、そんなことを思い出しながら、店頭に並ぶ1升瓶ワインを見てしましたが、ペンションでお出しするワイン探しが1番の目的になることが多く、気にはしながらも1升瓶ワインを買うことはありませんでした。
ところが最近信州のワインのレベルアップから、もしかして1升瓶ワインも美味しくなっているのではないかと思いいろいろ飲んでみようと思ったわけです。

1.アルプスワイン 葡萄棚 赤

  まず記念すべき初回はアルプスワインの葡萄棚。1300?1400円程で売られています。
 飲む前にボトルを見てビックリ。昔飲んだ1升瓶ワインは日本酒の瓶と同じデザインでしたが、このワインはそれとはかなり違い、
 丸みを帯びたちょと可愛いともいえるデザインです。このデザインならパーティーとかでテーブルの上に置いても違和感無いかもしれません。
 香り、味はコンコード主体の甘口のように思えますが、ラベルには中口を書いています。普段お酒をあまり飲まない人が集まった時にいいのでは。
 赤ですがこれからの時期、冷やして飲むのがいいでしょう。
アルプスワイン葡萄棚 アルプスワイン葡萄棚 ラベル
[2008/06/06 22:31 ] | アルプス | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。