FC2ブログ
信毎「信州の食 新ふーど記」
 長野県の新聞といえば信濃毎日新聞(以下信毎)。私の住む木曽では南部では中日新聞も結構なシェアを取っているようですが、信州の情報量はやはり信毎が上です。
ワインに関する記事も時々見かけます。7日には「信州の食 新ふーど記 -43-」で塩尻市の「ワイン用ブドウ」を扱っていました。信州のワインファンとしましては、貴重な情報源で助かります。ほぼ1面使っての特集ですが、要約するとこんなことが書いてました。

・ワインの一大生産地、塩尻でブドウ栽培が始まったのは明治の半ば。
・大正時代、生食用ブドウの生産過剰により、ワイン用への転換が進  む。
・昭和初期に地元農家が大手2社のワイン工場を誘致。
・1989年桔梗が原産メルロが欧州の国際コンクールで最高賞を受賞。
・近年、生産者の高齢化により、栽培面積が減少。
・松本の平均気温は過去100年で2度上昇、欧州系品種を栽培しやすい環 境へ。
・栽培方法でスマート方式導入の模索。
・2004年ワイン用ブドウの都道府県別生産量は山梨、長野、北海道、山 形の順でこの4県で国内の77%。
・長野県ワイン協会加盟のワイナリーは25軒、内10軒が塩尻市内。
・「塩尻ワインクラブ」というものがあるらしい。(興味津々)

こんな感じです。信毎さん、ありがとう。

信濃毎日新聞「信州の食 新ふーど記」43

スポンサーサイト



[2006/11/13 02:31 ] | 新聞 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |