スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
塩尻ワイナリーフェスタ2006
塩尻ワイナリーフェスタ2006
<<秋の美しきワインめぐり>>
 塩尻のイベントです。市内各所で写真のチラシが置いてます。
写真にある足が青と赤のワイングラスは木曽漆器の技術を取り入れた物ですね。木曽漆器の生産地楢川は去年の市町村合併で木曽郡から塩尻市に移りましたが、このチラシを見ると塩尻観光に上手に融合できたのだと感じられますね。

 日時   2006.10.28(土)29(日)
 主催   塩尻ワイナリーフェスタ実行委員会 0263-52-0280
 会場   JR塩尻駅前特別会場、市内参加ワイナリー
 チケット 前売券 2000円
      当日券 2200円
 参加ワイナリー
      ・アルプス・井筒・kido・サントリー・林農園・JA塩尻
      ・信濃・メルシャン

 チケットには消費税、シャトルバス代、漆ワイングラス、おつまみ代が含まれています。
 このグラス持参で試飲OK!と書いてます。(飲み放題だろうか??おつまみは食べ放題だろうか??)
他にはメルシャンの地下ワイン貯蔵庫見れたり、物産コーナーがあったり結構頑張っているなという感じですね。
私も行きたいのですが、仕事の都合がつくかどうか・・・
 同時開催の「塩尻そばまつり」も気になるのだが・・・
2006siojiri-winery-festa.jpg

スポンサーサイト
[2006/10/24 01:51 ] | イベント | コメント(0) | トラックバック(0)
いい店発見!! 中島酒店(松本)
 松本には時々行くのですが、基本は車なので町の中を歩くことは少なく、特に駅前はここ数年全く足を踏み入れることなく遠い存在でした。ところが先日、ガラガラの駐車場を発見し、あまりにも止めやすそうだったので、いつもと違う駐車場に止め、駅前辺りをぶらぶらしてました。駅から見るとマクドナルドの右側の道を入って数十秒、左側に酒屋さんを見つけました。一度は通り過ぎようとしたのですが、「オット!!城戸ワイナリーのコンコードだ」思わず店に吸い込まれました。このワインは先日ワイナリーへ直接買いに行って無かった人気のワインです。ヒルトップではボトル、グラス共メニューに入ってます。店の中は信州のワインの比率も高く、興奮!! しかもマニアックな品揃え。明らかに他の店とは違います。接客してくれた中島さん(女性)はワインアドバイザーの資格を持ちさすがに詳しく、僅かな時間でしたが興味深い情報も頂けました。「試飲、勉強でお金が続かない」という互い一緒の悩みにも親しみを感じつつ、試飲も楽しませて頂きました。(この後運転はしてませんよ) 店内には最近品薄の小布施ワインも数種類あり更に興奮。
そして驚いたことに私も知らない信州のワイナリーのワインを発見。「たかやしろファーム 2004メルロー/カヴェルネフラン」中野市にある新しいワイナリーだそうです。中島さん曰く「結構、面白い」
そう言われると買わない訳にいかない。「また勉強代が掛かるな」と思いつつも興味の方が勝り、買ってしまいました。(ヨッシャー)
 中島酒店さんは新種情報や松本のお薦めのお店紹介などが載った手書き情報(B4×4)も作るなど"ヤル気満々”のお店です。
興味のあるワインがこんなに沢山あるお店を発見し、この日の感想は「たまには町中を歩かないとダメだな?」でした。
近いうちにまた行きます。
20061018025512.jpg  nakajimasaketen-2.jpg

[2006/10/18 02:59 ] | wine shop | コメント(0) | トラックバック(0)
第110回北アルプスワインと料理を楽しむ会
「第110回北アルプスワインと料理を楽しむ会」へ参加してきました。
この会には以前6,7回参加したことがありますが、今回は5年ぶりと久々の参加です。白馬地区を中心にワイン、料理好きが勉強もしながら楽しんでいる会です。場所柄宿泊、飲食関係者の参加が目立ちますが、一般の方も気軽に参加できる気軽さも魅力の一つです。運営は参加者の自主性にまかされたボランティアに近いもので、配膳、片付けは自分達でします。もっと驚くのは企画や料理といった時間や手間も掛かようなものまで、会員の方がボランティアでされています。長く続く秘訣はこの辺にありそうですが、真似の出来ない大変なことですね。
この日の会場はシェラリゾート白馬。夕方到着してビックリ!! 平日にも係わらず、ホテルには人が溢れていました。どうやらほぼ満室のようです。規模は違っても同業者の私としてはショックでしたが、気を持ち直して会場に向かいました。四季山庭という雰囲気のある素敵な別館です。参加者は約40人と定員に達していたようです。この日のテーマはリーデル社「ヴィノムシリーズ」グラスを使用した「ワインのグラス形状による違い」です。日本最初のリーデル・シニヤ・グラスエデュケーター庄司大輔氏を招きセミナーが行われました。続いてソムリエ協会常務理事 マスターソムリエ 高野豊氏による「長野県原産地呼称ワインの発足・現在・将来」。供に興味深いセミナーでバイキングの美味しい食事とワインを取りながらうけました。後半はやや酔い気味でしたが。メモをとってまじめに聞きました。後で解読不能な字に唖然としましたが・・・・・
リーデル・シニヤ・グラスエデュケーター庄司大輔氏を招いたセミナー  10種類用意された料理 バイキングで食べ過ぎました

[2006/10/11 20:21 ] | イベント | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。