スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
長い付き合いです。 「五一わいん」
 ヒルトップがオープンした1992年、長野県に移り住み最初に飲んだのが五一わいんでした。会社名は株式会社 林農園。信州のワイン生産の中心地塩尻・桔梗が丘にあります。向かいには井筒ワインもあり、周辺はワイン好きには堪らない生産地ならではの雰囲気が漂っています。ヒルトップでは13年間五一ワインの木曽ワインが国内産唯一の定番ワインでした。ロゼ、白、赤の3種類、「信州に来たから信州のワインを」と人気No1でした。売店ではお願いすれば気軽に試飲にも応じてくれ、親切にワイン選びの相談にも乗ってくれます。この日の私は、夏のリストに入れるワインを探すのが目的です。暑い日によく冷やして飲むと良いワインを。売店の方のお薦めは「セイベル9110」 フランスのセイベル氏によって交配育成された葡萄を用いています。スッキリした中口で長野県原産地呼称管理委員会の認定を受けています。どんな料理にも合い、この夏のお薦めです。
五一わいん 売店外観  五一わいん 売店

スポンサーサイト
[2006/06/29 01:47 ] | 五一ワイン | コメント(2) | トラックバック(0)
サンクゼールの辛口メルローロゼを飲む
 先日、軽井沢へ行った時、サンクゼールの売店に寄りました。サンクゼールは現在、長野県内のみならず、全国の百貨店などに出店を繰り返し一気に全国に知れ渡った注目のブランドです。ワインや自然を生かした手作りに近いイメージの食品が人気で、ファンも多いです。7,8年前社長の久世さんとある飲み会で席が隣になったことがあります。その時聞いた話では久世さんは以前ペンションを経営されて致そうで、奥様の作る手作りジャムが評判を呼び、徐々に規模を広げたそうです。「ペンションは大変ですよね。ペンションが出来る人は何でも出来ますよ」と言われていましたが、私の場合まだ出来ていないので、これには該当しないんです。まだまだです。恐らく久世さんの会社経営成功の影には私などが想像も出来ない苦労が沢山あったでしょうね。凄すぎます。その甲斐もありワインも海外の賞を受賞したものもあり、いいものが出来ているようです。今日私が飲んだのは、塩尻の葡萄で作ったメルローロゼ。辛口のかなりスッキリしたタイプです。国内でも海外でもロゼのシェアは低く飲む機会も少ないですが、これまで飲んだ中ではかなり気に入った方に入ります。辛口の日本酒が好きな方にも好まれるのではないでしょうか。食事にも合わせやすそうです。サンクゼールは長野県の葡萄を使ったワインだけでなく、他県のものを使ったワインもあります。
今回はいつものように県内産にしましたが、あたりだったようです。
メルローロゼ

[2006/06/25 23:16 ] | St.Cousair | コメント(0) | トラックバック(0)
アトリエ・ド・フロマージュ
 玉村豊男さん経営のヴィラデストから車で10分、手作りチーズで有名なアトリエ・ド・フロマージュへ行ってきました。ここの売店にはチーズ以外にも信州のワイン、焼酎が沢山扱われています。ヒルトップでお出ししているワインもかなり見つけられました。この店自慢のチーズとワインをセットで買っているお客さんも結構いらっしゃいました。こんな店が近くにあると良いですね。私達は隣接のレストラン「リストランテ フォルマッジオ」でランチを取りました。明るく綺麗なレストランで、こちらでも信州産のワインが沢山ありました。ワインは長野市在住むのマスターソムリエ高野豊氏が選られているようです。今回は車だったので飲めませんでしたが、いつかゆっくりチーズとワインを楽しみたいものです。
売店はチーズ、ワイン、焼酎が豊富に揃う パスタランチが人気のようです

[2006/06/23 23:08 ] | レストラン | コメント(0) | トラックバック(0)
玉村豊男氏がオーナーのヴィラデスト
 東御市のワイナリー、ヴィラデストに行ってきました。ここは作家で長野県原産地呼称管理の審査員を勤めている玉村豊男さんが経営するワイナリーです。ヴィラデストのワインはなかなか手に入らないので、直接行って買うしかないと、木曽から約2時間(高速利用)かけ訪れました。長野県原産地呼称のポスターの写真もここで撮ったことは知っていたのですが、やはり綺麗な庭と農園です。ハーブが多く他では見かけない雰囲気です。夏になるともっと咲くということで、散歩するのに気持ちがいいです。売店へ行きワインを買おうとしたのですが、既に売り切れ。GWごろまでに販売用はなくなったそうです。レストランでは飲めるとの情報を得てメニューを見たのですが、「ランチ 3500円」の表示に思わず後退り、結局唯一販売していたシードルを買いました。あと3年するとある程度量産できるようです。それまでは春先までに行って買うしか無いようです。それでも1人1本限定だそうで、ヒルトップの定番にするのは無理なようです。
庭造りの参考にしたい綺麗な庭 唯一手に入れたシードル

[2006/06/22 21:16 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
井筒ワインへ行ってきました
 先日行った長野東急のワイン売り場で、「信州のワインで人気があるのはどこですか?」の問いに「幅広くどの世代にも人気なのは五一と井筒じゃないでしょうか」と教えてくれました。井筒のワインはヒルトップでもドルンフェルダーと樽熟のシャルドネをおいていますが、それ以外にも美味しいワインがあるんじゃないかと、試飲してきました。そんななか気に入ったワインはケルナーです。アルコールは10%未満。優しい甘さの白です。これはヒルトップのメニューに是非入れたいです。それから1升瓶びんの葡萄ジュースもなかなかうまいですね。こちらもメニュー入り決定でしょう。長年松本の林檎ジュースとオレンジジュースを定番にしていましたが、信州の宿なら葡萄ジュースを入れるべきでしたね。

izutu0606160001.jpg izutu0606160002.jpg

[2006/06/16 00:45 ] | 井筒ワイン | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。