スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
3月30日 林農園
3月30日、久々に塩尻・桔梗が原の林農園へ行ってきました。
この時期のブドウ畑は静まりかえっていますね。
今月末には芽吹き、5月上旬には葉が出てくるでしょう。
その頃になると、明るく生き生きとした雰囲気が戻ってきますね。


3月30日の林農園

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[2011/04/09 13:58 ] | 五一ワイン | コメント(0) | トラックバック(0)
五一わいん農業体験!!
是非行ってみたい農業体験!!
ワインに興味を持ってから、葡萄の育て方にも関心が!!
そんな方にお薦めの、「五一わいん農業体験」
五一ワインの自社農場でハヤシスマート方式を学び、実際に房の手入れや誘引などの作業が体験できるようです。
これは良い!!
私は残念ながらお仕事で行けないのですが、いつか参加したいと思っています。

日 程  2010年7月10日
     10:30?15:00頃
定 員  20名
参加費  2000円

詳しくは五一わいんHPで
五一わいん
[2010/07/06 00:26 ] | 五一ワイン | コメント(0) | トラックバック(0)
メルロを買いに五一ワインに
ヒルトップでも人気のエステートメルロを買いに、五一ワインに行ってきました。
例によって畑の散歩と売店で買い物、試飲をしてきました。
畑の様子は私の下手な解説より、五一ワインが発行している「五一わいん便り 初夏号2」で上手に解説されてますので引用させて頂きます。

  農業日記 6月中旬

いつもより少し遅めですが、ぶどうの花が咲きました! 線香花火のようなとっても地味な花です。
開花期に低温や雨が続くと実がなりません。 この現象を「花ぶるい」と言います。
良い天気を祈りたいです!!  そして、つるがグングン伸びてくるので、誘引(ゆういん)という作業をします。
(※伸びたつるが絡まないようにテープで固定することを『誘引』といいます。
この時期は大忙しです。良いぶどうを作るために愛情をたっぷりそそぎます。


この「五一わいん便り」はA4のコピー用紙に手書きの字を交え書かれています。
ワイナリーの様子が分かるだけでなく、ワイン作りの詳しい部分にも触れられていてちょっと勉強にもなりますね。素晴らしいです。

6月の五一ワイン 2 6月の五一ワイン 1
[2010/06/25 07:14 ] | 五一ワイン | コメント(0) | トラックバック(0)
ヒルトップ ワインリスト入り「エステートゴイチ シャルドネ」
 ヒルトップのワインリストに信州を代表する葡萄品種シャルドネを使ったワインは常時2,3種類入れてます。今までマンズワインの「ソラリス 信州シャルドネ樽仕込2006」と山辺ワイナリーの「シャルドネ シュールリー 2007」が入っていましたが、お手ごろ価格の後者が無くなった為、後釜を探していました。
 そして、今回選んだのは五一ワインの「エステート シャルドネ」。 エストート シリーズは五一ワインの自社農園で造られた葡萄のみを使って造られたワイン。
五一自慢のシリーズです。
このシャルドネは通常小売価格1,593円とお手頃の価格ながらしっかりとした樽香が特徴の果実味豊かな辛口ワイン。樽香に関しては好みの問題で、好まない人がいるのは確かだが、程よいといえる範囲なので、ワインリストに入れることにしました。
 昨年から信州産のシャルドネ人気が高まり、どこのワイナリーも品薄気味、3000円代が人気のようだが、次第に1000円代も動きが出ているようです。

estetogoiti-chardonnr


[2009/01/27 00:41 ] | 五一ワイン | コメント(0) | トラックバック(0)
6月の葡萄畑
 夕方の五一わいんへ行ってきました。
シャルドネは勢いよく伸び、清々しい黄緑の葉が傾きかけた陽に照らされ、美しく輝いていました。

 成長しているのはハッキリと分かるのですが、一体今はどのような状況なのでしょう???
摘心とか芽かきといった作業名は聞いたことがあるのですが、ピンときません。
毎月、葡萄畑を見ているとこういった作業にも関心をもちますね。
また機会があったら調べてみましょう。

6月のシャルドネ 成長するシャルドネ
[2008/06/16 23:20 ] | 五一ワイン | コメント(1) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。