スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
木曽町三岳三尾の梅を使った「三尾の紅梅」  安曇野ワイナリー
私の住む木曽町の梅を原料にしたリキュール「三尾の紅梅」が安曇野ワイナリーによって作られています。
長野県の木曽郡木曽町三岳三尾。
ここは梅の産地として地元ではかなり名が通っています。
梅は200年程前に御岳教の信者が持ち込んだといわれているようです。
このリキュールは最近木曽の酒屋、土産物屋でよく見かけるようになりました。
安曇野ワイナリー 三尾の紅梅1

ラベルの「原料」には「三尾紅梅」「長野県産赤ワイン」となっています。
この原料でこのロゼのようなリキュールになるのか?
ちょっと疑問が残りますが、美味けりゃいいか。
冷やしてストレートで飲むので勿論梅酒よりは薄め。
甘さと梅のすっぱさのバランスがいいです。

梅酒を好むのはヒルトップのお客さんの中では大学生。
大学生は梅酒が驚くほど大好き。
ビール、ワインの比ではありません。
若い人へのお土産にも良いかもしれませんね。
安曇野ワイナリー 三尾の紅梅2
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[2010/11/11 17:37 ] | 安曇野ワイナリー | コメント(0) | トラックバック(0)
安曇野ワイナリー 氷結ワイン3種類を本日発売!!
信濃毎日新聞によると本日(7月1日)、安曇野ワイナリーから3種類の氷結ワインが発売されるようです。 

  ・氷結紅玉2009ICE APPLE
  ・氷結コンコード2009
  ・ドラゴン・ドール2008(白)


3種類とも果汁を凍らせて抽出したエキスを発行させる氷結仕込。
値段は1本375mlで3150円

昨年、飲みそこなった氷結紅玉を是非飲んでみたいです。
1本に紅玉50個のエキスを使っているそうです。


安曇野ワイナリー
[2010/06/30 23:03 ] | 安曇野ワイナリー | コメント(0) | トラックバック(0)
新作ワイン次々と   安曇野ワイナリー
安曇野ワイナリーへ行ってきました。
昨年12月に行って以来2回目の訪問です。
近くの安曇野アルプス公園で遊んだ後、広域農道を走り帰路に着いたのですが、看板を見るとワイン魂に火が付、安曇野ワイナリーへの山道にハンドルを切ってしまいました。
前回はまだナイアガラ1種だけでしたが、その後次々と発売されたようです。
どうやら2年目も順調なようですね。

  ・竜眼   1470円(720ml)
  ・シャルドネ 1680円(〃)
  ・メルロロゼ 2100円(〃)
  ・コンコード  1470円(〃)
  ・氷結ナイヤガラ 1890円(375ml)


これらが新作で、コンコードや最初に発売されたナイヤガラは他のワイナリーのものと比べ、甘さをやや抑え気味。食事とも合わせやすい大人の味といった印象。
ヒルトップでも是非置きたいです。
夏にはシャルドネ シュールリーも登場するようです。
期待しましょう!!

安曇野ワイナリー 2009年4月



[2009/04/12 01:29 ] | 安曇野ワイナリー | コメント(0) | トラックバック(0)
安曇野ワイナリーへ行ってきました
素晴らしいワイナリーが誕生しました!!!
昨年5月に民事再生をし、樫山工業によって再生した安曇野ワイナリーは今年の7月に全く新しいワイナリーとしてオープンしました。
この日は12月とは思えない穏やかの天気で、平日でありながら沢山のお客さんで賑わっていました。
ワイナリーは松本ICから20分、広域農道からりんご畑間を10分ほど走ると現れます。この道は北アルプスの山々の景色も素晴らしいです。
山間にあるこのワイナリーは、中央部に50cm程のメルロとシャルドネの苗木が植えてある畑がありその周辺に工場、ショップ、カフェ、ヨーグルト工場の新しく綺麗な施設が点在しています。
この秋には第1号のワイン、ナイヤガラが誕生しています。
今後もコンコード、ロゼ、氷結タイプのナイヤガラなどが次々登場するようです。
醸造タンクはビール用のものを用い、香り全てを閉じ込めるという珍しい手法で醸造するなどの取り組みも見逃せません。支配人の小林さん、醸造担当の戸川さんの元、信州を代表するワインができるまでそう遠くはないでしょう。
今後が楽しみです。

安曇野ワイナリー 安曇野ワイナリー葡萄畑
試飲コーナー 醸造タンク

[2008/12/07 10:52 ] | 安曇野ワイナリー | コメント(0) | トラックバック(0)
安曇野ワイナリー誕生!!
安曇野ワイナリー誕生!! なんと7月23日にオープンしていたそうで・・・・
たしか昨年5月に民事再生を申請した安曇野ワインがスノーマシーンでお馴染みの樫山工業の手によって早くも再生を果たしたそうです。
夏の間、情報を閉ざされていた私は、こんな明るいニュースにも気が付かず、そろそろ動きがあるかな?とHP見て知ったという有様。こんなブログしてんのに・・・・
まぁ、とにかくめでたい!!
現在、山辺ワイナリーで活躍された戸川さんが醸造責任者として本格的な生産に向け、動き出したようです。
また近いうちに、是非覗いてきたいと思います。

素敵なHPができていました。まずはこちらをご覧になっては。
[2008/10/08 02:17 ] | 安曇野ワイナリー | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。